北海道大豆研究会

supported by  

大塚製薬 SOYJOY

規 約

北海道大豆研究会 規約

(名称及び事務局)
第1条:本会は、「北海道大豆研究会」(以下研究会)と称する。
本研究会の事務局は次に置く。
〒 063-0003
札幌市西区山の手3条2丁目4番1-801号螢瀬ぅ┘奪.F
TEL 011-621-2278 FAX 011-621-2278
(目的)
第2条:研究会は、北海道民の健康づくりのために、大豆の栄養素の普及活動と、大豆の摂取量向上を通じて、会の向上発展を期することを目的とする。
(活動内容)
第3条:研究会は、前条の目的を達成するために、次に掲げる活動を行う。
  1. 講演会・セミナーなどの啓発活動
  2. ホームページによる大豆関連健康情報の発信
  3. 料理教室による健康レシピの提案
  4. 店頭及び雑誌からの情報発信
(会員)
第4条:この会は、第2条の目的に賛同する者であって、かつ、前条の事業に参加できる者をもって構成する。
2.この会に入会又は退会を希望する者は、書面をもって代表世話人に届け出て、受理された日から会員となり、又は会員でなくなる。
(役員)
第5条:この会に次の役員をおく。
  1. 代表世話人 1名
  2. 世話人 若干名
  3. 会計監事 若干名
2.代表世話人は、この会を代表し、会務を統括する。
3.会計監事は、会計を監事する。
4.役員の任期は、1年とする。ただし、再任を妨げない。
(会計)
第6条:この会の経費は、会費、寄付金その他の収入をもって充てる。
2.会費は、会員1名につき年額1,000円とし、12か月毎に一括納入(前納)するものとする。
3.会計年度は、毎年4月1日から翌年3月末日までとする。
(会議)
第7条:代表世話人は、この会を運営するため、次の会議を招集する。
  1. 総会 毎会計年度1回以上
  2. 役員会 随時
2.総会又は役員会は、会員又は役員の2分の1以上の出席をもって成立し、議事は出席者の過半数をもって決する。
3.次に掲げる事項は、総会の議を経なければならない。
  1. 事業計画及び収支予算
  2. 事業報告及び収支決算
  3. 役員の選出
  4. 規約の改正
(補足)
第8条:この規約に定めがない事項については、代表世話人が役員会に諮って決する。
(附則)
1.この規約の施行の際における役員及び会員は、別記のとおりとする。

[役員名簿]

代表世話人
天使大学看護栄養学部教授  原 美智子

世話人
北海道薬科大学准教授  岡崎 光洋
北海道大学大学院教育学研究科教授  矢野 徳郎
札幌南青洲病院  品田 雅博

事務局代行
株式会社ダイエット.F  榊 房子

会計監事
株式会社ダイエット.F  榊 房子

本会則は 平成19年10月1日施行